前へ
次へ

メーカーに対してiphone修理を委託する手段

iPhoneは他の端末とは異なって、それぞれの通信会社でiphone修理が行えません。
メーカーのサービスを受けるケースでは、2つの手法があります。
1つは、オーナーが店へ持ち込んでiphone修理する方法です。
持ち込みによるiphone修理については、アップルストア直営店、あるいはアップル正規サービスプロバイダーが受け付けます。
直営店に関しては東京において4店、京都や大阪などにおいて店があり、全国で8店あります。
正規サービスプロバイダーについては、アップルが承認している事業者の事を意味します。
おのおのの家電店の一部の店に設けられており、あらゆる場所におおむね100店あります。
いずれもiPhoneオフィシャルのウェブサイトにラインナップされていますので、家の近くに直営店が見られないときは、iphone修理のために探しましょう。

来店は事前予約が求められます。
さらに持ち込みによるiphone修理は数日求められるので、ゆとりを持って委託しましょう。
さらに他のiphone修理の手段は、アップルリペアセンターの活用です。
これは端末のオーナーの元へ配送業者がやってきて、メーカーのリペアセンターへ送ってもらう手法です。
申し込みについては電話、あるいはインターネットを経由して受け付けています。
そして、端末の回収日は指定できます。
保護向けの配送箱は専門業者が持っていることから、渡すのは本体だけになります。
先だってスマホケースやSIMカードは外しましょう。
iPhoneがリペアセンターへたどり着くと、メールや電話にて料金の見積もりが掲示されます。
現実の上での依頼はこの際に敢行されますので、様子を目にして断ることも可能となります。
修理端末が家に到着するまでに10日以上求められることもあります。
仮にスマホが欠くことができない場合、配送業者よりすぐ交換用端末がもらえる、エクスプレス交換サービスにエントリーしておくと賢明です。

Page Top